« 原発タービン事故 | トップページ | ビラ配布に無罪判決 »

2006年8月30日 (水)

網走番外地

 「網走」の名を全国的に有名にした映画「網走番外地」。その撮影を記念した石碑の除幕式が,網走市内の「博物館網走監獄」であったとか。これ,何日か前のニュースです。この映画の制作から40年余り経ち,「網走」=「刑務所」のイメージは薄れてきて,地元は「この石碑を起爆剤に注目を集めたい」ということらしいです。

 凶悪犯が収容されていたといわれる網走刑務所。今は建物も新しくなって環境の改善も進み,比較的刑期の短い受刑者が増え,木造時代の施設は移築されて「博物館網走監獄」として公開されているとか。

 一方,映画の方の「網走番外地(1965年)」。このシリーズは大ヒットしたらしいですが,一連の東映ヤクザ映画に通じるものがあり,僕はカタギの人間だったので東映映画は全然見てませんが,それでも,この「網走番外地」の第1作目だけは,学生の頃に名画座で見た記憶があります。

 映画が始まって,高倉健さんが登場すると,オジサンたちが拍手喝采して「けんさ~~ん!」との叫び声・・・えええ? な,なんなんだ,これは? って思いました。ちょっとコワかったです。この映画館,カタギの人間が入るのは「場違い」だったのかも。

 でも,映画はけっこう楽しめました。2人ずつペアで手錠をはめられた状態で,高倉健さん扮する主人公が脱走に巻き込まれてしまうんですが,列車の線路の上に手錠を乗せて,SLの通過によって手錠を切断しようとするシーンは圧巻でした。でも,手錠の切断に成功した時,高倉健さんが「おっかさ~~ん!」って叫んだのにはズッコケましたね。なんじゃい,こいつ,マザコンやったんか? と。

 この手錠を切断するシーン,他にも何かの映画で見た記憶があったんですが,思い出しました。ヒッチコック監督の「逃走迷路(1942年)」です。こちらは,濡れ衣で手錠をかけられて脱走した主人公が,クルマのファンベルトの回転を利用して手錠を切断するというものでした。

 そういえば,ほんの2日ほど前,大阪府大東市で,暴れた「ローリング族」を警察が取り押さえて手錠をかけたにもかかわらず,仲間が現われて警察官が持っていた手錠の鍵を奪い,解錠して逃走したなんてニュースもありました。いやはや,今は網走よりも大阪の方がコワイです。ホント。

|

« 原発タービン事故 | トップページ | ビラ配布に無罪判決 »

コメント

こんばんは~。

網走刑務所、今月初めの北海道旅行で見ましたよー。網走流氷館の屋上からね。
こざっぱりした建物でしたね。

刑務所モノ(こんなジャンルあるの?)の映画では
「ショーシャンクの空」が好きです。

投稿: PHENIX | 2006年8月30日 (水) 18時57分

 網走って,刑務所以外の名所って何かあるんでしょうか。思い浮かびません。刑務所が名所ってのも,相当面白いですけどね。
 ショーシャンクの空に・・・けっこう評判の良かった映画ですね。恥ずかしながら,まだ見てません。近いうちにぜひ見たいです。

投稿: かば | 2006年8月30日 (水) 21時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/11674738

この記事へのトラックバック一覧です: 網走番外地:

« 原発タービン事故 | トップページ | ビラ配布に無罪判決 »