« JIS規格 | トップページ | 悪い景観 »

2006年7月20日 (木)

プロ野球前半戦終了

 プロ野球前半戦が終了ということで,最近の野球に関する話題から。

 巨人戦テレビ中継の視聴率低下により,フジテレビが,8月以降の巨人戦の地上波中継を取り止め,代わりにCSで放送すると発表。巨人ファンにとっては,最近の絶不調・下位低迷とともに,ダブルパンチのニュースかも知れませんが,これまでの巨人戦一辺倒のテレビ中継が極めて異常なことだったと思うので,少しでも「マトモな姿」に近づいたという意味で,個人的には喜ばしいことだと思います。プロ野球のチームは12球団もあるんだし,いつまでも「巨人,巨人」じゃないでしょう。ちなみに,僕は巨人ファンでもないし,「特別なアンチ巨人」というわけでもありません(読売新聞はキライですが)。巨人を単に「12球団のうちの一つ」と見ていて,なんで巨人だけが突出してファンが多いのかが理解できないフツーの人です。

 ついでに,いつまでも「長嶋,長嶋」ってのもいい加減にして欲しいと思いますね。長嶋さんが王監督をお見舞いしたとか,そんなんどーでもいいじゃん! って思います。いまだに「長嶋さんを全日本の監督に」という動きもあるようですが,何も病人(じゃなくて病み上がり?)の長嶋さんを引っ張り出さなくても,他にもっとマシな,いや失礼,もっと優秀な人材は球界にいっぱいいると思いますけどねー。

 もう一つ気になった話題。阪神タイガースの親会社である阪神電鉄が阪急ホールディングスと経営統合するため,阪神タイガースは「新規参入」と同じ扱いになって,加盟料30億円を日本野球機構に納入することが決まったというニュース。阪神側は「実際上の保有者が阪神電鉄であることに変わりはない」と主張したものの,阪神に同調したのは西武,広島,巨人の3球団だけだったとか。

 これ,阪急・阪神の株主でもない一般人にはどうでもいいニュースかも知れませんが,球団の親会社のさらに親会社の経営権が移っただけで新規参入扱いというのは,なんかスッキリしません。

 野球協約によると,加盟料が必要となるのは,「球団名変更の有無や株式所有名義にかかわらず,球団の実際上の保有者を変更しようとする時」とのこと。西武ライオンズの親会社が西武鉄道からプリンスホテルに変わった時や,TBSが横浜ベイスターズの親会社になった時は,明らかにこれに該当すると思われるのに,加盟料は免除されたそうです。さらに言うなら,巨人の所有者は「株式会社よみうり」だったのが,2002年に「株式会社よみうり」が分割されて「株式会社 読売巨人軍」に変わっています。これらの会社の親会社が変わってなかったとしても,これも「保有者の変更」に該当しそうな微妙なケースに思えます。だからこそ,巨人や西武は今回の阪神の主張に同調したのかも知れませんが。

 阪神タイガースが株式上場するという話が一時期ありましたが,そもそも球団が株式上場した場合,日々の株式売買によって,毎日「球団の保有者」が変わりますよね。野球協約を厳格に適用すれば,毎日加盟料が必要になるのでは?・・・この野球協約には相当ムリがあると思えます。日本野球機構としては「濡れ手に粟」の既得権を守りたいところなんでしょうが。

|

« JIS規格 | トップページ | 悪い景観 »

コメント

昔、小学生のころですが、野球帽が欲しかったんだけどなんだか、家に金がなかったらしく結構待たされ?ました。やっと、近所の少し大きな衣料品店に行って買おうとしたら、なんとみんながかぶってるあのマークの帽子がなかったんです。GYの
かぶったマークですよね。あのころ、野球帽はかならずあのマークだと思っていたんですよね。あったのはなんとFのマーク。ええと、東映フライヤーズのFでした。初めて、知ったカルチャーショックでした。それ以来、GY以外のマークをあさり、かぶるようになった、自分でした。

投稿: kou | 2006年7月20日 (木) 10時34分

 僕が子供の頃って,野球帽と言えばGYマークがオキマリでしたよ。それしか売ってなかったと思う。関西でしたが。

投稿: かば | 2006年7月21日 (金) 22時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/11015898

この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球前半戦終了 :

» なか−ば【半ば】 [悪魔の辞典]
?二つに分けた一つ。半分。源氏物語(澪標)「世の中の事、ただ、−をわけて、太政大臣(おおきおとど)、この大臣(おとど)の御ままなり」 ?場所や時期のまんなかあたり。中央。蜻蛉日記(中)「春の−にもなりにけり」。「三月−」 ?物事が進んでいる途中。太平記(8)「一条の手尚相支えて、戦−なりと聞こえしかば」。「宴−に」「業−にして止む」 ?(副詞的に)半分ほど。「−あきらめる」 ⇒なかば−の−つき【半ばの月】 (新村出(編)『広辞苑 第五版』岩波書店 1998) ようやく「な行」登場!o... [続きを読む]

受信: 2006年7月20日 (木) 18時22分

« JIS規格 | トップページ | 悪い景観 »