« 情報公開 | トップページ | ダム建設 »

2006年5月30日 (火)

著作権問題

 最近発売された廉価版DVDの著作権を巡って,製造・販売の差し止めを求める仮処分申請が出されたとか。映画の著作権は従来「公表後50年」だったのが,2004年1月1日施行の改正著作権法により「公表後70年」に延長。この際,2003年12月末で著作権が切れる1953年公開の作品が,同日で著作権が切れたのか,著作権法改正でさらに20年延長されたのかの解釈の相違によるもの。

 法律の施行日と期限切れ最終日が隣接している場合はどうなるのか,専門的なことはわかりませんが(同時はセーフ?),なんで施行日を1月1日でなく前日の12月31日にしなかったのかが超不思議です。

 この1953年公開作品には「ローマの休日」「シェーン」などの作品があるそうで,そういえば僕は,「ローマの休日」のDVDは以前4,000円で,片や「シェーン」は最近500円で買いましたね。複雑な心境です。もっとも「シェーン」なんて500円じゃなかったら買わない映画ですけど。「ローマの休日」の映画シーンにセリフだけ入れ替えた三井住友銀行のCMがありましたね。このCMなんて,この映画が「著作権切れ」だからこそできたんでしょうか。よくわかりませんが。

 ちなみに,著作権の保護期間は,映画だけが70年に延長されたらしい。他の著作物は50年(実名の著作物は著作者の死後50年,その他の物は公表後50年)ですが,これらも70年に延長しようという動きがあるそうです。そうなると,また,施行日時点での微妙な問題が出てくるのかも。

 ところで,国会議員の杉村氏が出しているブログの文章が,代々木ゼミナール講師の著書の一節と酷似していたというニュースが最近ありました。本人は非を認めたとのことですが,考えてみたら,世の中に溢れているブログって,著作権侵害の点で「怪しい」ものがけっこう多いのでは?・・・ということで,自戒の意味も込めて,著作権を侵害しない範囲について,ちょっと整理してみたいと思います。

 まず,「『事実の報道』については著作権の対象外」という規定があります。したがって,新聞やWebニュースに記載された内容であっても,その「事実」(たとえば殺人事件があったという事実)についてはブログに書いてもOK・・・ま,当たり前と言えば当たり前ですが。もっとも,記事文章をそのままコピーするのは著作権侵害になります。

 さらに,「著作権が認められない著作物」というのもあり,法律,条約,判決,白書などが該当し,これらは転載フリーです。なるほどね。

 次に,「著作権の制限」というのがあり,一定の条件を満たせば,著作権者の許諾を得ないで著作物を利用できるという規定があります。有名なのは,「私的使用のための複製」です。ただし,「ディジタル方式での録音・録画には補償金が必要」という条件が付いています。蛇足ですが,未使用のCD-RやDVD-Rには「データ用」と「映像/音楽用」というのがあって,価格が微妙に違いますね。これ,著作権使用料が上乗せされているかどうかの違いで,モノとしては全く同じなんです。したがって,映像をDVD-Rにコピーする時でも,著作権が自分自身にあるもの(たとえば自分で撮影した映像など)の複製には,「映像/音楽用」でなく,少し安い「データ用」を使っても問題無いということでしょう。

 話がそれましたが,これ以外に著作物を自由に利用できるケースとしては,「図書館での複製」「教科書への転載」「入試などの試験問題としての利用」「点字による複製」「非営利目的での上演」などがあるそうです。そして,「出典を明示した引用」もOK。ブログで他人の文章を引用しても,出典をキチンと明示している限り,ほとんどのケースはだいじょうぶということでしょう。ただ,自分の文章が「主」で,引用文が「副」であることが必要で,丸々転載して自分の文章がほとんど無いような場合には「引用」とは見なされないそうです。このあたり,怪しいブログをたまに見かけますが。

 ということで,ブログを書く場合には,どこで誰の目に触れるかわからないので,気を付けたいものです。もっとも,杉村議員のような「有名人」でもない限り,少々のことでは問題にならないとは思いますが。

|

« 情報公開 | トップページ | ダム建設 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/10301645

この記事へのトラックバック一覧です: 著作権問題:

« 情報公開 | トップページ | ダム建設 »