« ネパールの皇太子 | トップページ | 気になったニュース »

2006年5月 2日 (火)

阪急と阪神

 阪神電鉄が阪急ホールディングスに経営統合・・・このニュースが流れて,いちばん話題になってるのが「阪神タイガース」がどうなるかということらしい。阪神ってデパートも電鉄もあるのに,こっちを心配する人はいないのかな? って思います。

 で,多くの阪神タイガースファンは「阪急タイガースなんて,かなんわ!」「『阪急』にしたら庶民的で無くなるし,好きになれんわ!」みたいな発言。「阪急」という名前は阪神ファンにえらく嫌われもんです。でも,阪急側に言わせれば,「タイガースみたいなお下品なチームに『阪急』の名前付けてほしーないわ!」てな感じでしょうか。

 ちなみに,僕はかつての「阪急ブレーブス」のファンでした。実家の近くに阪急電鉄の駅があって親しみがあったし,阪急電鉄のあのシックなデザイン,高級感漂い「オトナの電車」って感じで好きでしたね。阪急ブレーブスも「オトナ」のいいチームだったと思いますよ。

 昔から野球観戦は好きだったので,関西に住んでいた頃は,西宮球場の阪急戦も甲子園球場の阪神戦も見たことがありますが,その差は歴然でしたね。西宮は「家族で安心して観戦できるファミリーな球場」というイメージ。一方,甲子園は「カタギの人間が入るにはちょっとコワイ球場」というイメージ。球場の快適さも西宮の方が断然上でした。当時は。

 ま,阪神が阪急ホールディングスに吸収されたとしても,「阪神」というのは地名でもあるし,球団名として残すには最適でしょう。地域名を冠する球団は,北海道・東北・千葉・東京・横浜・広島・福岡とだんだん増えてるし,それに加えて阪神。「地域密着」という面でいいことだと思いますよ。

 ところで,プロ野球の球団名に関する「トリビア」ネタを2つほど。

 まずは,この阪神タイガース。「Tigers」を正しく発音すると「タイガーズ」ですよね。その昔,僕が子供の頃は,間違いなく「阪神タイガーズ」と呼ばれてました。記憶違いじゃないと思います。ところがいつの日からか「阪神タイガース」に変わってしまった。これ,かつてのグループサウンズ「ザ・タイガース」の影響だと思います。グループサウンズ界の人気ナンバーワンだった「タイガース」という名前を耳にする機会があまりに多く,いつの間にか阪神も「タイガース」と呼ばれるようになったんだと思います。これ,あくまで僕自身の経験と推測に基づいていますので,悪しからず。

 もう一つのネタ。「福岡ソフトバンクホークス」の前身は「南海ホークス」なんですが,その前の一時期の1946年,「近畿グレートリング」と呼ばれていた時期がありました。ところが,この「グレートリング」ということば,女性の性器を表わすスラングだということが後でわかって,急遽翌年のシーズン途中に「ホークス」に変えたんだそうです。

 それにしても,昔からなんで球団名ってわざわざ意味のわかりにくい横文字にするんでしょうね。日本語でインパクトある名前を考えればいいのにって思いますよ。では。

|

« ネパールの皇太子 | トップページ | 気になったニュース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/9854587

この記事へのトラックバック一覧です: 阪急と阪神:

» ソフトバンクホークス3位に後退 [マナーどっとこむ(冠婚葬祭マナー集)]
プロ野球、福岡ソフトバンクホークスは、ライバルのロッテに1点差ゲームで敗れ、3位に後退した鐔ワ愁鐔ワ愁。 [続きを読む]

受信: 2006年5月 5日 (金) 00時26分

« ネパールの皇太子 | トップページ | 気になったニュース »