« 公私混同 | トップページ | 政党助成金 »

2006年5月13日 (土)

教科書検定

 この4月から中学校で使われている教科書134冊のうち65冊に計208ヶ所の記述ミスがあったとか。「ひらがな」→「ひらなが」や,「遺志を継いだ」→「意思を継いだ」など。

 面白いのは,「ひらなが」は明らかにタイプミスだし,「意思を継いだ」は明らかにワープロ変換ミス。「いしをついだ」で一気に変換すれば,今のパソコンならほとんどが正しく変換できるはずなのにね。いずれも「手書き原稿」では絶対間違えないミスだったと思うので,「今の時代」を感じさせる誤字ですね。

 それにしても誤字208ヶ所とは多すぎる。これじゃ個人が書いてるブログ以下? 文部科学省の教科書検定って,いったいなんのためにやってるんでしょうね。こういった誤字が摘出できないなら,検定なんてやめるべきだと思います。

 ところで,憲法21条では「検閲」が禁止されており,過去には家永教科書裁判などもありましたが,最終的に最高裁は「教科書検定で不合格となった教科書でも一般図書として販売可能なのだから『検閲』ではない」と判断したそうです。でも,紛れもなく教科書としての「検閲制度」であり,僕はやっぱり違憲だと思うんですけどね。でもまあ,「検定不合格教科書」と銘打って販売でき,かえって売れたりするのは事実。そういえば僕も昔,家永氏の「検定不合格教科書」は買った記憶があります。

 でも,歴史教科書に対する文部科学省の「検閲」コメントなど見ると,これじゃ中国あたりが怒るのは無理ないと思うような,ばかばかしいコメントが多かったと記憶しています。そもそも政府による検定制度が無ければ,たとえどんな教科書が発行されても外交問題になることは無いんじゃないかと思いますが。

 かといって,検定制度を廃止してフリーにした場合,教科書の採択を教育委員会に任せていいのかということになり,これはこれで超心配。ホント難しい問題です。でも,義務教育の小中学校ならともかく,義務教育でもない高校の教科書にもこの検定制度が残っているというのは,なんとも腑に落ちないです。

|

« 公私混同 | トップページ | 政党助成金 »

コメント

そう、ちきりんのブログだって、教科書よりは誤字が少ないのですっ!

文部省にも「ずんずん」貸してあげようかな・・

すみません内輪ネタで。適宜削除してください。

投稿: ちきりん | 2006年5月13日 (土) 15時35分

 あ,やっぱり反応ありましたか。
 そう,教科書って人手をかけている割に誤字多すぎです。
 Wordに文書校正機能がありますね。あんまり使ったことないんですが,上の記事を校正にかけてみると,「書いてる」→「書いている」などの口語表現が指摘されたけど,「ひらなが」や「意思を継いだ」はひっかからない。もっと高機能な「校正ツール」ってあると便利。あれば僕も買うかも。

投稿: かば | 2006年5月13日 (土) 17時04分

検定を受ける前に、原稿の段階での「校正」をもっときっちりやるべきだと思う。3人ばかり雇って、読んでもらえば充分なのでは。そんなバイトがあったら私もやりたい(笑)。

投稿: dashi | 2006年5月13日 (土) 20時10分

 校正ね,面白そうだけど,「ひらなが」なんてたしかに見落としそうですね。
 「意思」と「遺志」の違いならわかるけど,「意思」と「意志」なんてはっきりしない。結構難しいかも。
 記事本文の「意志」は「遺志」の間違いでした。このコメント書いてて気がつきました(恥)。

投稿: かば | 2006年5月13日 (土) 21時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/10039355

この記事へのトラックバック一覧です: 教科書検定:

« 公私混同 | トップページ | 政党助成金 »