« 新聞の値段 | トップページ | 国民投票法案 »

2006年3月23日 (木)

WBC総括

 日本チームの優勝という「番狂わせ」で幕を閉じたWBC(ワールド・ベースボール・クラシック),一野球ファンとして,自分なりに総括してみたいと思います。

(1)チーム力
 なんで超一流選手を揃えたアメリカが負け,日本やキューバや韓国が強かったのか・・・「寄せ集めチーム」では勝てない。野球って個人の力でなく「チーム力」だということを改めて思い知らされました。考えてみたら,日本のプロ野球で「巨人」が他球団の一流選手を集め始めてから弱くなったのと同じ理屈なんですね。

(2)改善事項
 審判のレベルの問題,アメリカに有利な組合せ,開催時期など改善すべき内容は多い。でもこれはみんなが言ってることなので省略。

(3)これからの予感
 今大会で最も手ごわいと感じたのは韓国。今後,毎回韓国はいいところまで行くような気がします。「兵役免除」というニンジンは大きい。兵役のある国には勝てないかも。

(4)優勝に貢献した人
 選手で一番貢献したのは上原投手と思う。MVPは松坂投手でしたが,MVPを選んだ主催者は,たぶん決勝戦しか日本選手を見ていないんだろうと思う。
 でも,何と言っても一番は王監督の采配でしょう。準決勝のあの場面で,不振の福留選手を代打に起用したのは最高の采配でした。
 それにしても,王さんのことを「世界の王」とかあんまり言わないで欲しいですね。王選手のホームランって日本の球場が狭かった頃(かの後楽園球場は両翼80メートルにも満たなかったらしい)に量産したものだし,「世界のホームラン王」っていう表現を大リーガーの前で使うのは超恥ずかしいです。王さんは謙虚だし,自分では「世界のホームラン王」とは全然思ってないみたいですよ。

(5)国別対抗
 ナショナリズム高揚に繋がる「国別対抗」というのはどうも好きになれないんですが(オリンピックやワールドカップも同じ),団体スポーツの世界選手権というと「国別対抗」がオキマリで,ある程度仕方ないのかも。でも,所属チームに関係なく国籍でチームを編成するっていうのはどうも違和感ある。各国の代表チームどうしが戦う形式の方が自然では? でもそうなると,たぶんアメリカの代表チームの圧勝になったと思いますが。
 自分自身はナショナリズムには否定的なんですが,「国別対応」となるとやはり日本チームを応援したくなります。たぶん大多数の日本人は日本チームを応援するんだと思うし,それが素直な感情なんでしょうね。これがナショナリズムということなのか,悩みます。いつも。

(6)心配なこと
 今回活躍した日本チームの選手たち,世界レベルで通用することが確認できたので,今後大リーグ入りを志願する選手が増えると思います。それはそれで自然な流れなので一向に構わない。ただ心配なのは,特に今回目立ったパ・リーグの選手を,またぞろセ・リーグの某球団が「欲しい欲しい」って言いそうなこと。たとえば千葉ロッテの里崎捕手あたりが狙われそう。

|

« 新聞の値段 | トップページ | 国民投票法案 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/9217486

この記事へのトラックバック一覧です: WBC総括:

« 新聞の値段 | トップページ | 国民投票法案 »