« ボーダフォン買収 | トップページ | WBC総括 »

2006年3月22日 (水)

新聞の値段

 新聞の値段というのは「特殊指定」制度の対象になっています。「特殊指定」というのは,過剰な競争がふさわしくない商品やサービスを,独占禁止法に基づき公正取引委員会が指定し(新聞・教科書などの7分野),地域や相手によって定価を変えたり値引きしたりすることを禁じている制度です。新聞について,この「特殊指定」の見直しを公正取引委員会が検討しているとのこと。

 これに対して新聞協会は,この「特殊指定」が廃止されれば「同じ新聞社が発行する新聞は全国どこでも同じ値段」という原則が崩れ,離島や山間部などの配達コストがかかる地域の料金が高くなる。宅配制度の維持が困難となり,ひいては憲法に保障された国民の「知る権利」に寄与できない,と・・・この記事が先日の朝日新聞に1面のスペースを割いて出ていました。しかも,意見広告でなく「記事」扱いですよ。

 宅配制度を維持した上での全国同一価格を維持すべきというのが新聞社の考えなんですが,まず,宅配制度については個人的には不要と考えます。必要であれば駅売店やコンビニで買えばいいし,今の時代,ネットであらゆる新聞社の主要記事がいつでも閲覧できるので,宅配が無くなっても僕はあんまり困らない。そういえば,かの大阪万博の時(今から36年も前),「将来,新聞は『電送』になり,宅配は無くなる」みたいな「未来予想」があって,あちこちのパビリオンで「電送新聞」のサンプルが配布されていたのを思い出します。「電送新聞」と言っても,要するに今で言うFAXですが・・・当時の「未来の新聞」は電送新聞であり,パソコンやインターネットの普及は全く想像できなかったんですが,いずれにしても宅配制度は現在でも存続しています。

 この記事によると「日本の新聞の宅配率は世界でトップ」とのこと。言い換えれば日本だけが特殊ってことみたいです。たぶんアメリカあたりは宅配制度そのものが無いんだと思います。宅配にすることにより一定部数の発行が確保できるというのが新聞社にとってのメリットだと思いますが,それには触れずに「知る権利」を言われても・・・何かというと「知る権利」を引き合いに出すメディアはどうも好きになれません。

 それにしても,新聞の定期購読価格は,朝日・毎日・読売とも「セット3,925円,統合版3,007円」と,1円の端数までぴったり同じ。これって明らかにカルテルでは?「同じ新聞社が発行する新聞は全国同じ値段を維持したい」って言ってますが,実態は「違う新聞社」でも全国同じ値段。これでは,新聞が談合批判の記事を書いても全然説得力が無いんですよね。

 あと,思い出すのは「中部読売事件」。1975年に,それまで発行されていなかった読売新聞の東海3県(愛知県,岐阜県,三重県の一部)に進出するため,読売新聞社は「中部読売新聞社」という別会社を作り「中部読売新聞」を発行(新聞の内容は読売新聞と同じ)。購読料が他の全国紙より圧倒的に安く,他の新聞社が「不当廉売」だと訴えを起こして裁判になった事件です。その後1988年に読売新聞社が吸収して現在に至っていますが,一方でこういう「えげつない商売」をして発行部数を拡大してきた過去を持ちながら,一方では「全国同一価格の維持」と言われても,説得力がないですよね,読売さん。

 ちなみに,「記事の中身よりもまずは発行部数拡大」という商売の結果「世界一の発行部数(=印刷部数,『実売部数』でないところがミソ)」を自慢している読売の企業姿勢は好きになれません。このため我が家は「仕方なく」朝日を購読しているんですが,朝日は朝日で独特のおごり高ぶった体質がどうも好きになれませんね。今は料金が「割安」のため定期購読していますが,宅配制度が無くなったら,もう少しいろんな新聞を読み比べてみたいなと思っています。

|

« ボーダフォン買収 | トップページ | WBC総括 »

コメント

私も、もうやめようかと迷いながらもずっと朝日の購読を続けてます。
素粒子で、ディズニーランドで成人式を祝った人を揶揄して「ねずみ踊りに喜ぶようじゃ……」とか書いて抗議を受けた件、どうなったんでしたっけ。
朝日は独善的な臭さが取れませんね。記者よりこっちがずっと年上になってからは、青臭さを感じたりします(笑)。
広島では朝日と中国新聞とってましたが、地方紙は安いですね。読むとこも少ないけど(笑)。

投稿: dashi | 2006年3月22日 (水) 21時06分

 コメントありがとうございます。
 そうですね,ウチもなんだかんだ言って生まれてからずっと朝日。僕は古い人間なので,読売=三流の地方紙ってイメージが強く残っていて(今でこそ「全国紙」だが,昔の読売は実際そうだった),むちゃくちゃなやり方で部数を拡大してきた読売に対する反発から朝日を継続してますね。あと朝日には「夏目漱石」のイメージがいまだに残ってるし。
 新聞の定期購読は止めようかと思いつつ,ブログを始めてからはブログのネタとして新聞が重宝しているのも,ちょっと悔しいところです。

投稿: かば | 2006年3月22日 (水) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/9200126

この記事へのトラックバック一覧です: 新聞の値段:

» 新聞特殊指定の是非(再販制度)宅配制度と価格競争 [ブログで情報収集!Blog-Headline]
「新聞特殊指定の是非(再販制度)宅配制度と価格競争」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比... [続きを読む]

受信: 2006年3月23日 (木) 13時52分

» 新聞特殊指定。横並びの怪 [りゅうちゃんミストラル]
新聞特殊指定について最近少し話題になった。新聞特殊指定、官房長官「公取委は国民利益の確保を」(asahi.com) これは早い話が「同じ新聞は日本どこでも同じ価格にするのか?」ということ。例えば東京の都会にいる人と離島では同じ新聞でもコストに違いが出てくる。そ...... [続きを読む]

受信: 2006年4月 6日 (木) 17時41分

» 新聞特殊指定。横並びの怪 [りゅうちゃんミストラル]
新聞特殊指定について最近少し話題になった。新聞特殊指定、官房長官「公取委は国民利益の確保を」(asahi.com) これは早い話が「同じ新聞は日本どこでも同じ価格にするのか?」ということ。例えば東京の都会にいる人と離島では同じ新聞でもコストに違いが出てくる。そ...... [続きを読む]

受信: 2006年4月15日 (土) 16時09分

« ボーダフォン買収 | トップページ | WBC総括 »