« 食習慣の違い | トップページ | 謝罪広告 »

2006年3月18日 (土)

兵役免除

 昨日のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)のメキシコVSアメリカ戦でメキシコが勝つという番狂わせ。アメリカチームは韓国にも破れて準決勝進出ならずという結果に。WBCはアメリカ主導で「アメリカのための大会」という印象が強かっただけに,アメリカが敗退というのは,個人的にはなんともキモチいいです。

 この番狂わせのおかげで準決勝進出を決めた日本チームは,一旦諦めていただけに「タナボタ」状態かな。タナボタと言えば,タナボタで国会議員になった「時の人」杉村議員や,タナボタで総理大臣になった村山元総理の名前などを思い出したりしました。

 それはともかく,このWBCで出色の強さを発揮している韓国チーム。日本チームに勝って準決勝を決めた時点で,韓国政府は選手の兵役を免除する方針を決めたとか。かつて日本に屈辱的支配を受け,今や「日本に追いつき追い越せ」の韓国としては,日本に連勝してのWBC準決勝進出はよほど嬉しかったんでしょうね。この兵役免除の「特典」により選手の士気がますます上がり,韓国チームはWBC優勝まで突っ走るような予感さえします。

 それにしても,一部の例外規定を除き,韓国では男子全員に兵役義務が課せられているんですが,兵役義務の是非はともかく,どんな職業でもどんな有名人でも一律に兵役を課すという頑固なところが,韓国って国はスゴイと思います。これがもし日本だったら(日本は近い将来徴兵制が復活する可能性が高いと危惧しています),政治家・高級官僚などの特権階級やスポーツ選手などの著名人はじめ,たぶん兵役免除の「特例措置」の目白押しになるんだろうなと想像しますね。

|

« 食習慣の違い | トップページ | 謝罪広告 »

コメント

兵役というのは日本人には馴染みがないものなので、どんな感じなのかって興味を覚えますよね。
日本語教師をしている知人も、初めの頃は韓国人留学生に根掘り葉掘り尋ねちゃったわ、と言ってました。
進学や就職に便宜をはかってもらえるとか、社会的にハクがつくような話でしたが、誰しも行きたくはないですよね。修行と思って耐えるんでしょうか。
たまに兵役逃れで批判され話題になってますね。有名俳優とか著名人の息子とか。
まさか日本に兵役復活はないと思うけど……。

投稿: dashi | 2006年3月19日 (日) 09時51分

 コメントありがとうございます。
 日本では戦時中に徴兵制がありましたが,確かに,戦争をやってない時の兵役ってどんなんでしょうか。案外「和気あいあい」だったりして・・・
 それにしても,今回の兵役免除は韓国内でも「不公平だ」との批判もあるみたいで,本日のWBC準決勝で日本に大敗したため,案外「免除取消し」になったりするかも。
 日本では「軍事拡張」「海外派兵」の声が大きくなっており,いずれ自衛隊志願者不足で徴兵制が復活しないとも限らないと思います。なにしろそれを決めるのが「徴兵されない高齢政治家」ですからねー。

投稿: かば | 2006年3月19日 (日) 19時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/9139942

この記事へのトラックバック一覧です: 兵役免除:

» WBC準決勝を占う [秦 聖龍の徒然易断]
橋幸夫の恋のメキシカンがドタマの中でガンガンって事で、親の敵同然に戦っている(?)韓国戦を占ってみました。 江戸の敵は長崎で討つって感じなのか!? 易断は「山地剥 五変」 二度も負けているので、今回は一陽のみ卦で残りは陰ですが、陰きわまれば陽となるで今回は猛烈的な反撃に繰り出せるのではとよんでおります。 さてさてどうなることやら… マウンドに国旗を刺す等という愚弄はさせないようにも勝っていただきたいものです。... [続きを読む]

受信: 2006年3月18日 (土) 08時46分

« 食習慣の違い | トップページ | 謝罪広告 »