« ケーブルテレビ | トップページ | 名誉回復? »

2006年2月13日 (月)

携帯は便利だが・・・

 福島県で,山スキーに出かけた4人が遭難したけど無事だったというニュースがありました。この時,知人が遭難者の携帯に電話をしたら通じたとか。だったら遭難した方から先に電話しろよって思いますが・・・

 それはともかく,吹雪で遭難するような山の中でも使える携帯電話って,今さらながら便利なモンです。なのに,携帯各社は,携帯の電波の届く範囲を説明する際,何かというと「人口カバー率」をPRしますよね。人口カバー率=「人家のあるところで携帯が使える比率」だと思うんですが,今回の遭難事故のように,人家のないような山奥で携帯が威力を発揮することを考えると,本当の意味で携帯の便利さを,携帯各社はわかってないのかなという気がします。特にNTTドコモは,電波が広域に届くMovaから利用範囲が狭くなるFOMAに主力製品を移行してきています。このFOMA,人口カバー率はほぼ100%なんですが,人家のない山間部ではほとんど使えませんね。山道で交通事故に遭ったりクルマが故障したりするようなことを考えると,山間部で携帯電話が使えないというのは非常に不安。携帯は,人口カバー率でなく「道路カバー率」を上げて欲しいもんだと思います。

|

« ケーブルテレビ | トップページ | 名誉回復? »

コメント

はじめまして。
まさにその通りだと思います。
俺は良く長野と愛知の県境へゴルフに行く
事があるのですが、その道路で交通事故が
目の前で発生し、怪我人もいたのですが、
携帯がナント「圏外」になっていて、結局
そこから1km程先にある民家に駆け込み、
電話を借りて119へ連絡をした事が・・・。

便利なのに不便さが目立つ特にドコモFOMA。
万が一の時に役立つ携帯電話であって欲しい
ですね!

投稿: kazu | 2006年2月13日 (月) 07時21分

 はじめまして。コメントありがとうございます。
 心配していたとおり,やっぱりkazuさんのような事例があるんですね。
 これじゃ万が一の時が心配で,ドコモ行けない・・・

投稿: かば | 2006年2月13日 (月) 21時18分

グループで遭難した人たちのニュースで知りましたが、山の中でも圏外にならないスポットがたまにあるそうです。そこの場所を見つけて運良く助けを呼べたということでした。
だから、ちょうどそのスポットにいた時に運良く携帯が掛って来た(実は自分たちとしても助けを呼びたかった)という事情なのでは? と思いました。

私はPHSの頃に宮が瀬ダム近くで道に迷い、圏外で困ったことがありました。

投稿: | 2006年2月14日 (火) 16時49分

 「  」さん,こんにちは。
 僕も昔はPHSを愛用してましたが,ドコモがPHSから撤退するそうで,時代は変わったもんです。
 PHS,最初はPHPというネーミングでしたが,当初はアンテナが公衆電話の屋根に設置されていたとか。ということはPHSの使えるエリアって公衆電話が近くにある場所だし意味無いじゃん!って当時は思ったものです。話がそれました・・・

投稿: かば | 2006年2月14日 (火) 22時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149573/8633359

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯は便利だが・・・:

« ケーブルテレビ | トップページ | 名誉回復? »